正は
一に止まると書く、
もし何かに迷ったら一に戻って、
もう一度考え直してみなさい。

金八先生の言葉です。

今自分がした行動に間違いがなかったか。
これは無職になったことではなく、出て行った同居人に対しての対応です。

同居人に対して私に何ができたか、
同居人に対して何を期待したか、
同居人は私に対して何を期待したか。

考えても考えても答えはでません。

仕事をしていたら気が紛れるのだろうか、
誰かに話をしたら気が紛れるのだろうか、
すぐにでも何か行動に移したら気が紛れるのだろうか。

書いているうちに気づいた。
また自分のことばかり、自分が満たされればという内容。

どうせ色々に飛び込む勇気もない。
落ち込むだけ落ち込もうと思う。

結論は出なくても、もう一度、何度も何度も考えてみる。